2018年01月05日

自己破産とは、原則論的には債務返済が不可能になったという判断を受けた際に借り手が

自己破産とは、原則論的には債務返済が不可能になったという判断を受けた際に借り手が保持する一切の持ち物(生活していく上で最低限必要なものだけは保有しておくことを保証されている)を回収されてしまうかわりに、一切の負債が免除となるのです。

破産を実行した後に労働の結果手に入れた給料や新しく保持し出した資産を返済に使ってしまう必然性、強制力は存在せず債務をもつ人の社会への復帰を図るために整えられた仕組みということになっています。

借金整理に関する問題を背負う人々が多くのケースで持っている悩みの一つとして破産の手続きを実際に行うことへの漠然とした心理的不安があるかもしれません。

上司に噂が伝わってしまい以後の人生に良くない影響をこうむるのでは、などと感じる債務者がどういうわけか多くいらっしゃいますが実際のところ心配すべきような事実はそう多くはありません。

破産の手続きは複数の債務、身の丈を越えた借金によって行き詰まっている方を助ける為に国家が作った決まりです。

自己破産が認定された人間についてはそれ以降の日常的な生活の中で支障をきたすような制限はなるべくないように整備された制度といえます。

ところで自己破産手続きをするには絶対に満たしておかなくてはならない事があることを忘れないようにしましょう。

それは借入金を返すことができない(弁済能力喪失状態)になってしまったという司法的な判定です。

未返済金の額・現在の月収をみて申請者が支払いが難しいであろうといった風に司法機関から見なされた時自己破産というものを行うことができるのです。

例えば破産希望者の借入金合計が100万円の一方で一ヶ月の給料が10万円。

こんな事例では弁済が著しく困難であり、債務の返済ができない状態であるとみなされ自己破産を行うことが出来るようになっています。

しかし定職に就いているかどうかという事情については制度上あまり考慮されず、自己破産申立ては普通に汗水をたらしても債務返納が著しく難しい状況という要件が存在するので、働ける状態である上に労働出来る状態であると見なされれば借入金のすべてが200万円にまでいかないという状態であれば、自己破産認定の申告が退けられてしまうということもあり得ます。

「借金の時効の援用の相談です。 小生、先日JICCおよびCICに行き情報を開示してまい...」 より引用

借金の時効の援用の相談です。 小生、先日JICCおよびCICに行き情報を開示してまいりました。 JICCには大手消費者金融2社 平成15年に延滞とありました。 完済はしておりません。 平成15年から一度も払っていません 平成15年から一度も払っていません。 CICには上記2社のうち1社遅延元本と利息とありました。 この状況下で1社は平成15年に支払督促が来ていたと思います。 質問 支払督…(続きを読む)

引用元:Yahoo知恵袋


posted by 佳菜子 at 08:53| 任意整理