2018年04月05日

民事再生という選択肢は住宅のローンを含めて重債務に陥っている方々をターゲットに住

民事再生という選択肢は住宅のローンを含めて重債務に陥っている方々をターゲットに住んでいる家を維持しながら金銭管理において再建するための法的な債務整理の選択肢として適用された制度です。

民事再生には、破産とは違い免責不許可事由はないために投機などで借金を作ったようなときでも手続きはできますし、破産宣告をしてしまうと業務禁止になるリスクのあるポストで働いているような方でも手続きは行えます。

破産手続きの場合は、住宅を手放さないわけにはいきませんし、任意整理と特定調停では借金した元金は支払っていく必要がありますのでマンション等のローンも返しながら返済をしていくことは現実問題として難しくなるでしょう。

しかしながら、民事再生という方法を取ることができれば住宅ローンなど以外の負債額は相当な場合において減ずることが可能なため余裕を持ちつつ住宅のためのローンを返済しながら残りの借入金を払っていくようなこともできるということになります。

いっぽうで、民事再生による整理は任意整理による手続きや特定調停といった方法と違い一部分の負債だけを除外して処理をすることは不可能ですし破産申請においてのように返済義務そのものがなくなるわけでもありません。

これ以外の選択肢と比べてもいくらか簡単には進まず手間もかかりますので、住宅ローン等が残っていてマイホームを維持していきたいような状況を除いて、自己破産などのそれ以外の整理ができない場合における最後の解決策として考えていた方がいいでしょう。

「借金の整理を弁護士さんに頼んで任意整理してる最中なのにdocomoで携帯電話の機種...」 より引用

借金の整理を弁護士さんに頼んで任意整理してる最中なのにdocomoで携帯電話の機種変更が出来ました。 なんでですかね? どなたか分かる方はいますか?…(続きを読む)

引用元:Yahoo知恵袋


posted by 佳菜子 at 18:35| 任意整理